2010年10月27日

自宅でできる確実に髪の毛を増やす方法D

洗ってるつもりでも、洗えていない?

発毛するための確実に汚れを落とすシャンプーの仕方


「シャンプーの泡を立てず、ゴシゴシ髪の毛をこすって洗って流して終わり…」

そんな洗い方していませんか?

毎日自宅に帰ったら洗っているから良いと思っていませんか?

それでは、髪に良いところか、逆に汚れをためてしまいます。

正しいシャンプーの仕方は、自宅で確実に発毛する方法には必須ですので、是非実践してほしいと思います。


シャンプーのはじめは、まず髪のブラッシングから始めます。

ブラシなどで軽くとかすことで、頭皮の血行も良くなりますし、満遍なく髪を洗うことができるようになります。

洗う前に髪の毛を、蒸しタオルで蒸したり、42〜43℃の温かいお湯で髪の毛をすすぎます。

「髪を濡らす」感覚の人は、「髪を流す」感覚に変えるといいでしょう。

温めておくと毛穴が広がり、皮脂やフケが浮きやすくなります。

お湯通しは、最低でも2分は時間をかけるのが好ましいでしょう。


次に、シャンプーを手のひらに取り、しっかり泡立てます。

泡が毛穴の汚れをかきだしてくれます。

泡立てていないシャンプーを地肌に直接つけて洗うのは、頭皮にはあまりよくありません。

爪を立てて洗うのは、地肌を傷つける原因になります。

かゆいからとか、この方が汚れが落ちるからといった理由で爪でゴシゴシ洗うのはやめてください。

頭皮を傷つけないためにも、洗うときは指の腹でマッサージするように洗います。


最後のすすぎもとても重要です。

たっぷりのお湯でしっかりシャンプーを落とします。

シャンプーが残っていると余分な脂分になり、フケ、抜け毛、かゆみの原因になります。

この工程で確実にシャンプーを洗い流すことを意識してください。

時間をかけ意識することで汚れを残すことなく落とせるので、手の届きにくい頭頂部や後頭部は念入りに洗うことを心掛けてください。

抜け毛を恐れてシャンプーの回数を減らすのは、逆効果です。

毎日、頭皮の汚れをこのような流れでしっかりと落とすことで、髪の毛の健康を保ち、育むことを覚えておきましょう。


血行促進のため、冷水、温水を交互に2,3回かけると効果的です。


自宅で確実に発毛するためには、このように地道な作業も忘れてはいけません。

次回は髪の毛にいいシャンプーのご紹介をします。
posted by hatumouikumoumaster at 00:00| Comment(0) | 髪の洗い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。