2011年04月19日

髪の毛を確実に増やすための発毛、育毛に関係ある豆知識E

髪を染めることで与える髪へのダメージ

髪の毛を確実に増やすために知っておいて損はありません。

髪を染めると一言で言っても、髪を染める方法は多種多様であるのを知っていますか?

変えた色を長持ちさせたい方は“ヘアカラー”、ダメージが気になる方は“ヘアマニキュア” 単に明るくしたいだけなら“ブリーチ”、というように目的により染める方法もいろいろあるのです。

ヘアカラーはブリーチで色を抜いた髪に好みの色を入れることで染色することをいいます。

ブリーチは黒髪の元・メラニン色素を分解し、脱色することで髪を明るくします。
ヘアマニキュアは髪の表面を染料で覆い色を変えます。

ヘアマニキュアは他のブリーチやヘアカラーに比べてダメージが少ないと言えますが、染料は浸透性が非常に高く毛根にダメージを与えます。

毛根部分は髪を作る大切なものです。

毛根ダメージを受けることで健康な髪が生えにくくなり、抜け毛へと繋がっていきます。

ファッションや自己主張など理由はいろいろあると思いますが、目先の感情にとらわれ、大切な髪を失うことを取るのはあまりお勧めできません。

どんな理由があっても、髪の毛のことを考えると、髪を染めることは髪にとってはいいことはありません。





posted by hatumouikumoumaster at 00:00 | TrackBack(0) | 発毛、育毛に関する豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。