2013年10月23日

U字型、混合型の薄毛について知り自宅で確実に髪の毛を増やす

今回は、U字型、混合型の薄毛について知り、
自宅で確実に髪の毛を増やすために参考にして下さい。




【U字型の薄毛】
U.bmp


【混合型の薄毛】
K.bmp




M字型の薄毛とは違い前の部分を残さないまま、
額が全体的に広がっていくように生え際ごと後退していく薄毛です。


U字型の薄毛は進行も早く、
また、O字型の薄毛と同時に進行することあります。


前と後ろから同時に進行してくるので、
「あれ?」と思った時から、あっという間に進行してうので早めの対策が必要です。



U字型の薄毛は、広範囲に広がっていくことや、
生え際が後退すると回復するのが困難であるとこと、
現段階でコレといった具体的な治療法がまだ見つかっていないため、
生え際の後退を止めたり、進行スピードを遅くしたりすることはできたとしても、
髪の毛が元のようにフサフサに戻すことは難しく、
治療が非常に困難な薄毛とも言われています。


従って、U字型の薄毛になると、自毛で隠すのは困難なので、
カツラなどを使用して薄毛を隠すしか方法がなくなってしまうケースも少なくありません。


前述のように、特効薬のような治療法は今のところ見つかっていないので、
治療法を探すよりも、まず、対策をとることが必要となります。


抜け毛を減らし、髪を育てるためには、
まずは基本的な生活習慣を見直しが必要です。


U字型の薄毛の原因は、過度なストレスや喫煙や睡眠不足、
運動不足やお酒の飲みすぎなど日常生活の中での不摂生により陥る血行不良や、
間違ったヘアケアが関係しているケースが多く見受けられます。


また、M字型の薄毛でも説明したように、生え際はシャンプーだけでなく、
洗顔料の洗い残しの多い部分です。


洗い落とさずに残ったシャンプーや洗顔料が毛穴に詰まり、
毛根を弱らせて、抜け毛を促進しまっている可能性もあります。


抜け毛の原因となることを、一つでも多く減らしていくのは、
即効性はないにしろ、とても大切で立派な対策になるので、
思い当たることがあるのなら、一つ一つでいいので、確実に改善していってください。


また、薄毛をあまりに気にするあまり、周囲の目が気になったり、
抜け毛1本1本に敏感になってしまったりという気持ちは痛いほどわかります。


しかし、過度なストレスが抜け毛を増やし、
発毛、育毛を阻害していることを知ってください。


まだ、現段階で効果はないにしろ、髪の毛が生えてきている自分を想像しながら、
治療をしている、対策をとっているという事実があるだけで、
自信につながり、精神的苦痛の緩和になります。


また、一般的に言われる混合型の薄毛もU字型の薄毛と同じ原因があり、同じ対策必要です。




自分の薄毛のタイプを見極め、それにあった対策を考えることも大切なことです。


この機会にもう一度、自分の髪の毛についてよく分析し、
一緒に改善していきましょう。




posted by hatumouikumoumaster at 17:19| 抜け毛の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

O字型の薄毛について知り自宅で確実に髪の毛を増やす

今回は、O字型の薄毛について知り、
自宅で確実に髪の毛を増やすために参考にして下さい。



西洋人に多く見られ、頭頂部から円形に薄毛が広がって丸く薄くなり、
上から見るとO字型に見えるのがO字型の薄毛です。




O-2.bmp




「頭皮が突っ張って硬い」

「頭皮がブニュブニュで柔らかすぎて弾力がない」

「頭皮の色が赤茶色のような濁った色をしている」



このどれかに当てはまる人はすでにO字型の薄毛、
または今後O字型の薄毛になる可能性があります。


また、頭皮が突っ張って硬い人は、М字型の薄毛とも連動している可能性が高いです。


O字型の薄毛のもう1つの主な原因は、M字型の薄毛同様に、
男性ホルモンが関係している男性型脱毛症(AGA)と言われています。


テストステロンが5αリダクターゼという酵素の作用を受けて、
髪の発毛と成長を阻害する因子「ジヒドロテストステロン(脱毛物質)」に変化します。


このジヒドロテストステロン(脱毛物質)という男性ホルモンが
髪のライフサイクルを乱す原因とされています。


遺伝による薄毛ではなく、この酵素(5αリダクターゼ)の量や、
生成しやすい体質がO字型の薄毛を進行させています。


O字型の薄毛の人はこのホルモンの影響を受けやすい人がであるといっていいでしょう。



また、O字型の薄毛の主な原因は頭皮の血行不良ともされています。


血行不良により髪の毛に必要な栄養成分が、髪の毛に栄養成分が行き渡らないために、
毛髪が成長する前に、正常な発毛ができにくくなり抜け毛が増えていきます。


準備期と成長期にあるものが抜けてしまうということは、
発毛、育毛にとっては致命的といえます。


また、ヘアスタイルや間違ったヘアケア、喫煙やストレス、
睡眠不足などの不摂生な生活が関係しているケースも多くみられます。


髪に負担のかかるパーマや、無理な脱色は頭皮を痛めることになります。


O字型の薄毛人は頭が脂っぽく、ギトギトしている人が多くみられます。

また、整髪料やシャンプーをしっかり流さずに残ったシャンプーが毛穴を詰まらせてしまい、
それが原因となって薄毛が進行している可能性も考えられます。


また、逆に、頭皮の脂を落としすぎも注意が必要です。


必要以上に脂を落としても、皮脂が過剰に発生して毛穴を詰まらせてしまうこともあるので
注意してください。




【対策方法】

まず、O字型の薄毛の進行を止め、症状を改善するには、
生活習慣の改善や、食生活、ヘアケアなど基本的なところを見直すことが必要です。


頭皮に悪いことの逆をすればいいわけですから、規則正しい生活をして生活習慣を整え、
発毛を促す食材を意識しながら健康的な食生活をし、正しいヘアケアをしましょう。


正しいヘアケアとして、まず、頭は毎日洗うことをお勧めします。


余分な皮脂は育毛に悪影響を与えます。


毛根に詰まった脂をしっかりと落とすことが大切です。


重要なのは洗い方であり、1日に何度も洗う必要はありません。1回で充分です。


爪を立ててひっかくのではなく、指の腹で頭皮をマッサージするように
頭を揉む感じで、頭皮を洗うことをイメージして洗髪しましょう。


マッサージすることで血行がよくなりますし、
ツボを刺激することで育毛効果も期待できます。


しかし、先にも書いたように、逆に、頭皮の脂を落としすぎも
逆効果になるので注意が必要です。


洗浄力の強いシャンプーで必要以上に脂を落としても、
皮脂が過剰に発生して毛穴を詰まらせてしまうこともあるので注意してください。



また、薄毛を進行させる活性型男性ホルモン(ジヒドロテストステロン(脱毛物質))への
変化を抑制する育毛剤を使用することで、毛が太く成長して、
正常なサイクルを取り戻すサポートをしてくれるので、
このホルモンの影響を受けやすい人だとしても、
5αリダクターゼの活性を失わせることで、О字型の薄毛の進行を止めることは可能です。



次は自宅で確実に髪の毛を増やす為に、
U字型、混合型の薄毛について知ってもらいます。

posted by hatumouikumoumaster at 20:47| 抜け毛の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

M字型の薄毛について知り自宅で確実に髪の毛を増やす

自宅で確実に髪の毛を増やす方法を探しているあなたもそうかもしれません。

このM字型の薄毛は、白人に多く見られ、日本の男性に最も多いと言われています。


前髪の生え際の左右の部分が正面から見て
「M」の形に剃りこみを入れたように進行していくタイプの薄毛です。


M.bmp


日本人は前に突き出している体系の人が多く、
おでこが広いため、M字型の薄毛が必然的に多くなると言われています。


進行してくると、全体がはげたり薄くなったりというのではなく、
M字型のまま生え際が後退していく経過を辿ります。


人種によってはげ方が違うことからも、遺伝やホルモンの影響は大きいと推測できます。



M字型の薄毛の主な原因は、男性ホルモンが関係している男性型脱毛症(AGA)と言われています。


テストステロンが5αリダクターゼという酵素の作用を受けて、
髪の発毛と成長を阻害する因子「ジヒドロテストステロン(脱毛物質)」に変化します。


このジヒドロテストステロン(脱毛物質)という男性ホルモンが
髪のライフサイクルを乱す原因とされています。


準備期と成長期にあるものが抜けてしまうということは、
発毛、育毛にとっては致命的といえます。


この酵素(5αリダクターゼ)の量や、生成しやすい体質がM字型の薄毛を進行させています。


このホルモンの影響を受けやすい人がM字型の薄毛であるといっていいでしょう。


男性ホルモンと結びついてジヒドロテストステロン(脱毛物質)に
変換する働きをする酵素である5αリダクターゼが、前髪の生え際の左右の部分に多いので、
その部分がM字型に薄毛が進行していきます。



また、生え際だけでなく、頭頂部にも多いのが5αリダクターゼです。
M字型の薄毛になった人は、O字型やU字型の薄毛も同時に進行する可能性もあるので注意しなくてはなりません。



M字型の薄毛は上記の要素が理由である場合が大半ですが、
すべてが男性ホルモンの影響とは言い切れません。


そこには、生活習慣やストレス、ヘアスタイル、ヘアケアの仕方なども
関係していることを忘れてはいけません。


髪に負担のかかるパーマや、無理な脱色は頭皮を痛めることになります。


また、リーゼントやオールバックなど、髪を引っ張るようなヘアスタイルは生え際に負担をかけます。



またシャンプーだけでなく、生え際は洗顔料の洗い残しの多い部分でもあります。


しっかり流さずに残った洗顔料が毛穴を詰まらせてしまい、
それが原因となって薄毛が進行している可能性も考えられます。



【対策方法】


薄毛を進行させる活性型男性ホルモン(ジヒドロテストステロン(脱毛物質))への
変化を抑制する育毛剤を使用することで、


毛が太く成長して、正常なサイクルを取り戻すサポートをしてくれるので、
このホルモンの影響を受けやすい人だとしても、


5αリダクターゼの活性を失わせることで、M字型の薄毛の進行を止めることは可能です。




次はO字型の薄毛について知ってもらいます。




posted by hatumouikumoumaster at 21:13| 抜け毛の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。